精子提供ボランティアとは

現在日本には精子バンクはありません。卵子や精子を必要とする人は何か問題を抱えており他の臓器同様に金銭によるやりとりでなく、人の善意で行われるべきだという理由からだと言われています。そのため日本では個人の男性が無償のボランティアで精子提供しています。

選択的シングルマザーさんへ

女性は元気な子どもを産むことの年齢が限られています。近年、女性の社会進出や晩婚化により初産年齢が上がっています。自分には子どもを産む機会に恵まれるのだろうかという焦りや不安はありせんか。選択的シングルマザーさんへ精子提供ボランティアをしています。

男性不妊ご夫婦さんへ

日本では戦後から無精子症や遺伝性疾患などの理由で精子提供を用いた非配偶者間人工授精(AID)が活発に行われてきました。しかし現在病院での精子提供が減っているという現状があります。男性不妊ご夫婦さんへ精子提供ボランティアをしています。

LGBT:レズビアンカップルさんへ

著名人や芸能人のカミングアウト増えLGBTという言葉も一般的になりました。LGBTさんでも愛する人と暮らしを共にして家族になることがあります。そして新しい命、子供を授かることを望むことがあります。レズビアンカップルさんへ精子提供ボランティアをしています。

精子提供や妊娠育児ブログ・あおい鳥の日常ブログ

これから精子提供ボランティアを受けるひとのための記事・シリンジ法で妊娠するための記事・育児に関する情報ブログ記事を書いています。ぜひご覧ください!精子提供・妊娠育児に関するブログ記事 あおい鳥の日常ブログ

あおい鳥へのお問い合わせはこちら

お問い合わせをいただいてから初めてお会いするまでに時間をかけてメールのやり取りをしています。お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら