精子提供に必要な感染症検査と精液検査・同意書について

感染症検査・精液検査・血液型検査・一般血液検査

精子提供ボランティア あおい鳥では精子提供するにあたり必要な感染症検査・精液検査を医療機関にて検査を受けています。また精子提供ボランティアでは精子提供者の血液型がとても重要視されています。あおい鳥では血液型証明書を医療機関にて発行しています。また精子提供者の健康状態の指標でもある一般血液型検査もお知らせしています。面会・面談後に精子提供の依頼があった場合に各種検査結果の原本を直接お見せしています。

感染症検査6項目

1HIVウイルス検査
2B型肝炎検査
3C型肝炎検査
4梅毒検査
5淋病検査
6クラミジア検査
医療機関にて検査済み

精液検査3項目

1精子数5000万前後/ml
2精子運動率50~80%
3精子前進運動率50%以上
世界保健機構WHOの定める授精できる精子の基準をクリア
医療機関にて検査済み

ABO血液型検査

血液型検査結果O型 RH+
血液型証明書を医療機関にて発行済み

精子提供で生まれてくる子どもの血液型出現の確率

一般血液検査

準備中です

あおい鳥のプロフィールはこちらhttps://aoitorivolunteer.com/profile/