⼦どもが産まれたら⾚色や⻩⾊の⾞に乗ろう!

2021-03-23

みなさんはどんな⾞に乗っていますか。最近では⾞を持たない⼈たちも増えてきましたが、⼦どもができて家族が増えると⾞の購⼊を考える⼈も多いのではないでしょうか。実は⾞の色によって交通事故の遭いやすさに違いがあるのは知っていますか。

「交通事故」と「⾞の色」の関係

「進出⾊」と「後退⾊」 とは?

⼤切な家族が乗っている⾞となるといつもよりも安全運転が求められます。⾊彩には実際よりも前⽅に⾒える「進出⾊」と後⽅に⾒える「後退⾊」があります。

例えば碁(いご)では⽩⽯が21.9mm・⿊⽯が22.2mmと実は⼤きさが異なっています。⾃動⾞保険会社の調べでは事故に遭いやすい⾞の⾊に違いがあります。

明るめで暖かそうな進出⾊

明るい色の車は近くに見える

暖かくて明るい⾊は実際の⾞の位置よりも前⽅に⾒える。特に⾚や⻩⾊が交通事故に遭いにくいとされる。実際よりも近く⾒えることにより⾞間距離は⾃然と⻑くとることになり事故にもなりにくい。悪天候時にも識別がしやすい。⽩⾊も明るい⾊だが雪国では雪と同化して識別しにくくなることがある。⾚⾊か⻩⾊か悩むところだが⻩⾊のほうが夜間において識別に優れており、赤色よりも数%事故に遭いにくいという結果が出ている。

暗めで寒そうな後退⾊

暗い色の車は遠くに見える

暗くて寒そうな⾊は実際の⾞の位置よりも遠くに⾒えてしまう。特に⻘⾊が事故に遭いことで有名で最近では⿊⾊も危険だという結果もある。そのため⾞間距離が短くなったり交差点での事故に遭いやすくなる。また⾬天や夜間など視界が悪い時には識別しずらくなる。

⼦どもには⾚や⻩⾊の服や持ち物を!

⾞に乗っているときだけでなく歩いているときにも交通事故に遭います。⼦どもはあたりを注意せず突発的な⾏動をしがちです。⽇ごろから⽬⽴つ服装を⼼掛けてみませんか。