精子提供により遺伝性疾患が拡散したニュース

精子提供ボランティアをしていると精子提供を受ける方とお会いし色々なことをお話しします。しかし精子提供者の遺伝性疾患の有無・健康の状態・家族や親族の既往歴や病歴のお話や質問はほぼありません。やはり知人や友人にも病気を持っている人がいますが、両親が同じ病気を持っていて遺伝かもしれないという話をよく聞くものです。

精子提供の依頼者さんとの面会・面談で⻘い鳥の健康状態、親族の病歴、遺伝性疾患に関する質問はまったくありません。⻘い鳥の友人や知人に椎間板ヘルニア、てんかん、統合失調症の人がいますが、やはり両親がその病気を持っていて遺伝かもしれないという話を聞きます。病気は遺伝しなくても病気にかかりやすい体質は遺伝するのかもしれません。

遺伝性疾患を持つ精子提供者による事件

北欧の国・デンマーク首都コペンハーゲン、カラフルな建物が特徴

先に日本にも営業所ができた世界最大の規模を誇る精子バンク・クリオス。クリオスの本社があるのはデンマークである。デンマークは政府への信頼・国民の寿命の長さ・社会福祉の多さが評価され2019年国連世界幸福度ランキング2位にランクインした。デンマークの精子バンクにはかつてラルフという精子提供者・精子ドナーがいた。かわいい幼少期の3輪車に乗る写真を載せていたラルフは精子バンクでも人気物であった。その結果として精子提供者ラルフから子ども40人が生まれた。この精子提供者ラルフは遺伝性疾患を持っており多くの子どもへと遺伝してしまったのだ。デンマークではこうした事例が起きたことはなく、精子ドナー・精子提供者1人から生まれる子どもの数は25人という基準は存在していたが法律的規制はなかった。この精子提供者ラルフの遺伝性疾患が子どもへと遺伝してしまった事件を受けてデンマーク政府はあわてて精子ドナー・精子提供者1人から生まれてくる子どもの数を大幅に減らすようにと法律を改正した。精子バンクで精子ドナー・精子提供者の遺伝性疾患の有無を発見することが不可能であることも浮き彫りになった。

精子提供者ラルフの遺伝性疾患とは

精子提供者ラルフの遺伝性疾患は、癲癇(てんかん)・失明・学習障害・全身に及ぶ腫瘍・顔面奇形が起きる神経線維腫症I型であった。ではなぜ精子提供者ラルフにはこれらの症状が起きていなかったのか。ラルフは遺伝性疾患を持ちながらも偶然症状は軽く浅いものでラルフ自身も気づいてはいなかった。遺伝性疾患者はすべての者が発症するわけでない。ラルフの遺伝性疾患には遺伝する法則がある。ラルフはメンデル法則と呼ばれるものであった。このメンデル法則はおよそ50%で遺伝する。

ロイター通信に並ぶ世界3大通信社であるAFP通信(フランス通信社)においてもデンマークで起きたこのニュースを特集している。URL:https://www.afpbb.com/articles/-/2903688/

引用元参考にした図書:「遺伝子は変えられる。」シャロン・モレアム著

日本でも同じような事例がある

日本では精子バンクにあたるものはありません。これまでは病院が学生の精子を利用して精子バンクの役割をしてきました。Iさんの話によると自身が精子提供による出産・非配偶者間人工授精AIDで生まれた子どもで40歳ころになると胸が締め付けられるような痛みをたびたび感じるようになった。Iさんは病院で検査を受けてみると遺伝性疾患の狭心症であると診断された。Iさんの母親の家系には狭心症の既往歴者はいない、つまり父方に既往歴があるということになる。しかし日本の病院で精子提供を受けた場合は精子提供者については情報開示されず何も知ることができない。Iさんによると母から病院で精子提供を受ける時に遺伝性疾患の恐れはないと医師に聞かされていたという。日本においては精子提供者1人あたり子ども10人までと決められているため精子提供者に遺伝性疾患があったとしても被害は大きくならない。引用参考元図書:「精子提供2012/07歌代幸子著」

精子提供者から遺伝性疾患の可能性は排除できない

精子提供者ラルフや日本の事例を見てみると精子バンクや病院の検査で精子提供者の遺伝性疾患の可能性を排除することはできないことがわかる。そのためデンマーク政府や日本産科婦人科学会は精子提供者1人あたりから生まれる子どもの数を少なくなるように制限していることがわかる。一般的には精子提供者から生まれる子どもの数を制限している理由は生まれてきた子供同士の近親婚を防ぐためだと言われているが制限する理由はこうした精子提供者の遺伝性疾患が判明した時の被害を少なくするためでもある。

必要とされる遺伝性疾患もある

丸く灰色に見えるのが赤血球、そのなかに見えるリング状のものがマラリア原虫wikipediaより

日本は世界の気候では亜寒帯・亜熱帯に属している。亜熱帯や熱帯地域のアジア・アフリカでは蚊を介する伝染病マラリアがある。2017年厚生労働省検疫所調査では世界で約435,000人がマラリアで死亡している。このマラリアの地域には鎌状赤血球性貧血という遺伝性疾患を保有している者が多い。赤血球の形が遺伝的に変形しているのでマラリア原虫に侵されにくくマラリアに感染しても重症化しにくい。